給湯器や家具の修理や交換を行ない、住みやすい家を作る

タンスを直す

たんすの修理について

長年の経過によりたんすは傷みが発生します。目立つキズや汚れから破損まで、あらゆる場所に現れます。そのため定期的にメンテナンスを行う必要があります。代々受け継ぐ事ができる桐たんすも同様です。高温多湿の日本だからこそ作られた桐たんすは、湿気を吸収したんす内を一定に保ちます。衣服を良い状態で管理できるため多くの人に利用されています。修理に出す時は、専門的知識を有した人に見てもらう必要があります。 これによく似た修理依頼が、鏡台の補修です。鏡台は年数が経過すると錆が出たり、引き出しの一部が破損するといった現象が見られます。この場合は自分で修復する事は難しいため、専門家に出します。その時代によく似た質感に仕上げる事ができます。

桐たんすの価格傾向について

桐たんすの修理はキズや汚れを修復し、破損箇所を補修していきます。そのため場合によっては新規に付け足したり、金具の付け替えも行います。熟練の職人ではないと行えない技であるため、必ず専門家に出す事が大切です。 桐たんすの修理費用は出す場所によって異なります。伝統工芸の専門家であれば高い技術を有しているため高額になります。どんなたんすでも修復受付可能であれば、設定料金にそった価格が存在します。 そのためどのような修理を行いたいかを明確にする事が大切です。それは使用年数や引き継ぐ人の有無にもよります。今後も使う予定があり、修復箇所が多かったり高額な桐たんすであるならば、伝統工芸の専門家に依頼するのが最適です。